土地を整えて

事前の下調べが重要になります

宅地造成は、一戸建てなどを建てる場合に、景色などを重視して農地や山林などを住宅用の土地に整える宅地造成ことです。もともとが、住宅用地ではなく、山林や農地のため、崖であったり平らな土地でない場合もあるのです。本来、樹木などが植えてあった場所に、住宅をたてるので、事前に綿密な下調べや工事が必要なのです。そうしないと、台風や地震などで、重大な被害がおこることも考えられるのです。住む地域によったら、宅地造成に宅地造成より災害が生じる恐れのあるところは、宅地造成が規制されているところもあるので、注意が必要です。また、ある条件に該当すれば、宅地造成の工事をするにあたり、都道府県知事の許可が必要な場合もあるのです。

宅地造成に適したところを選びましょう

宅地造成が適している土地や地域かを判断するには、地図で確認することも必要です。国土地理院が作成している土地条件図なども参考になります。これは、防災対策や地域の開発のためにも使われるものなのです。この地図は、土地の生い立ちや地盤が高いか低いかや、埋め立てた歴史があるかなど、総合的にみることができるのです。斜面に無理矢理開発した宅地造成地では、地震や、大雨による斜面崩壊がおきる可能性があるのです。最近では、大雨による斜面崩壊により、住宅が崩壊するニュースも増えてきています。このようなことにもならないよう、土地選びには、気を配ることが大切なのです。だから、数年単位の歴史ではなく、かなり前からの土地の生い立ちを知ることが必要になるのです。