維持が重要

20年の耐久性がある外壁塗装

家や建物を維持管理するに当たって、外壁塗装は必須と言われています。外壁塗装を行う頻度としては、通常は10年ほどですが、最近名古屋に本社を置く会社が、20年の耐久性を売りにした外壁塗装を開発しました。普通の外壁塗装は、10年もすればその加工が傷んで当然とされています。更に20年も間を置いて大丈夫なのかと思えますが、塗装と塗装の間の20年間に、小メンテナンスが入ることで、建物の表面の劣化を防いでいるのです。メンテナンスは、1年乃至2年を基準にして行います。その都度費用は発生しますが、小メンテナンスが入ることで、外壁塗装の料金は大幅に安く抑えられます。10年毎の塗装に比べると、その費用は半額以下という安さです。

全国規模のチェーンに成りつつあるサービス

それでは、このサービスを利用するには、どこに問い合わせると良いでしょうか。実は、現在は名古屋周辺だけでなく、全国展開も始めているので、日本中どこに住んでいても利用できるのです。名古屋周辺で始まった外壁塗装サービスがチェーン展開するのに時間は掛りませんでした。この名古屋の外壁塗装サービス会社は、元々大手の下請けを担っていた企業ですので、自分のお抱えの業者に、施工業者の指定をすることもできるのです。そして、直接取引はしなくとも、格安の見積もりを取り寄せることも可能です。家のメンテナンスの費用が安くなるチャンスと捉えて、問い合わせをするのも良いでしょう。問い合わせ、見積もりはネットで簡単にできます。